寝る時の姿勢

こんばんは🌙‪
京橋店の椎葉です!

突然ですが皆さん寝る時ってどういう姿勢で寝てますか?
一日の中で大きな時間を占める睡眠。
ダイエットと睡眠には深い関係があり、睡眠時間、睡眠の質がともに大切。
寝る時の習慣や寝相が太る要因にも!?
もし、やってたらすぐに改善を!!

①四の字寝
普段からよく足を組む人が寝る時は、座っている時のくせで、いつも組んでいる足を曲げて骨盤の位置を調整しようとするため、片方の足を4の字にようにして寝てしまうのです。
足を4の字に曲げている方の骨盤が歪んでいます!
骨盤の左右差がどんどん出て、歪んだ体に、、😭


②バンザイ寝
両肩を上げて寝るのは、猫背や巻き肩の人が仰向けで寝る時になってしまう寝方。
肩こりで辛い時にもやりがちな寝姿勢。
浮腫みの原因になったり、肩こりが悪化したり、冷えの原因になります😶


③足を組む
骨盤が歪んでいると、足首を組んだ方が楽、、。
でも、足首を組めば組むほど、骨盤が歪んでいきます、、🥲

④寝る前のスマホ📱
ブルーライトを浴びることで睡眠の質が下がってしまいます。
質の良い睡眠は300キロカロリーも消費するのでそれを失うのはもったいないです!
寝るだけで消費するカロリーは逃さないようにしましょう!

意外とやってしまいがちなものばかりでじゃあどうすればいいの!と思った方!

理想は、、、仰向けです!
仰向けは骨盤がゆがみにくい寝るのに最適な姿勢。
体の重さを支えるのには、均等に重心がかかる仰向けがいちばんいいそう。
ぜひ、心がけてみてくださいね!

関連記事

最近の記事

  1. 代謝アップで痩せ体質へ

  2. 美容脱毛で美しいお肌へ♡

  3. 部分やせ

LINEで予約 Un-charme