夏の終わりのお肌

美容

8月もおわりに近づいて来ましたね、
暑さも落ち着いてきてと言いたいところですが
全然そんな事もなく😵😵💦💦
まだまだ暑いですね😅😅😅
お肌のお手入れも一段落と思いたいところですが😅😅😅
秋が近づき日焼けの後が気にならなくなっても、ゴワつきや
くすみで肌のツヤがなくなっている場合があります。これは紫外線の影響がほとんどです。🥲🥲🥲
黒く皮がむけるほど日焼けした場合はもちろん、実はあまり日焼けしなかった場合でも、紫外線の影響が残っているのです。

半日くらい日にあたって焼けただけでも、紫外線の影響で日焼け後10日後くらいまで皮膚の細胞の形や配列が不規則になります。

その後、ゆっくり変化しながら2〜3ヶ月かけてもとの状態にもどっていくので、ひと夏に何回も日焼けした場合には、肌が完全にもとに戻るのに1年以上かかってしまいます。


お肌は、紫外線が細胞に与える影響を少なくしようと、普段よりも角質層を厚くし肌を守ろうとします。
このため、秋口の肌はゴワつきを感じたり、古い角層が毛穴につまりニキビなどの肌トラブルが起きやすくなってしまうのです。🥹


湿度の高い夏よりも、残暑から秋に入る季節は湿度が低くなるため、お肌が乾燥しやすくなります。
夏にダメージを受けた肌のうるおいをケアし、肌の水分量を適度に保つためにも、保湿を中心としたスキンケアをしっかりしてください!😄


化粧水で肌を整えた後は、乳液やクリームを使って肌の水分をキープしっかりキープしましまょう!
オイリー肌やニキビ肌の人は「ベタつくのがイヤ!」「油分は必要ない!」と思って化粧水だけですましてしまいがちですが、油分を使ってお肌にふたをしないと、水分が蒸発し肌の水分量が不足してしまいます。
これは、肌のうるおいバリアをさらに低下させるだけでなく、逆に肌のテカリや大人のニキビなどを引き起こす原因にもなってしまいます!悪循環にしないようにも、きちんと保湿してくださいね。😉

関連記事

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 痩せて着たい服を着る!

  2. 腸活

  3. エステを自分へのご褒美に♥️

LINEで予約 Un-charme